京都市長候補者に高齢者施策について公開質問を行いました

京都市では2月4日投票で市長選挙が行われます。
当会をはじめ5つの団体でつくる「よりよい介護をつくる市民ネットワーク」では1月9日に各市長候補予定者(当時)の事務所を訪問して公開質問状を手渡し、1月17日〆切で回答を求めました。質問内容は下記のとおりです。

質問1 京都市長として総合事業の目標を何とし、どのように取り組まれるのか
質問2 京都市内の訪問介護ヘルパー不足と訪問介護事業者の苦境に対し、どのように取り組まれるのか
質問3 京都市内の介護離職対策として、何を中心にどのように取り組まれるのか  

回答についてはその有無も含め各報道機関に公表し、またネットワーク構成団体のHPや会報誌に掲載するとしています。
回答期限までに回答頂いた内容は下記の通りです。1月19日時点で未着の候補者については「回答未着」とし、各候補者の五十音順に列挙しています。
どうぞご覧ください。

市長候補者に依頼した質問の回答