「よりよい介護をつくる市民ネットワーク」の活動
2016年12月、介護保険や高齢者問題などに関心を持つ京都の5つの市民団体が集まり「よりよい介護をつくる市民ネットワーク」を結成しました。「だまってたらあかん! シンポジウム」を年1回、その報告書の作成、京都市行政への提言書の提出、市議会各会へのPRなどを行っています。
<ネットワーク構成団体>
*きょうと介護保険にかかわる会 *京都ヘルパー連絡会 *高齢社会をよくする女性の会・京都 *助けあいグループりぼん *マイケアプラン研究会

だまってたらあかん!第4回シンポジウム(2019.10.27)報告書
京都市への提言 2019年12月23日

だまってたらあかん!第3回シンポジウム(2018.10.28)報告書
京都市への提言 2018年12月21日

今年のシンポジウムの報告は作成中です。


行政への提言

当会では介護保険制度やその事業について市民の立場からの意見・要望を伝えることに取り組んでいます。恩恵として与えられる介護サービスではなく、自分自身の豊かな人生を歩むためのサービスを実現することが私たちの目標です。

新総合事業について京都市への申し入れ 20160707